スーツ ファッション

スーツ、ジャケットの襟(ラペル)は印象を変えます。

皆さんはスーツを購入する際にジャケットの襟(ラペル)(以下ラペル)の幅について気にしたことはありますか?
おそらく多くの方は剣襟(ピークドラペル)かそうでない普通の襟(ノッチドラペル)くらいしか気にしないと思います。
普通はその2点だけ気にしていて大した問題はありませんが、ラペルの幅についても流行があることはご存知でしたでしょうか?
しかもこのラペル幅は時代によって広がったり縮んだりして、その時代の着こなしの印象を決定づけるほど印象に残ります。
ちなみに最近の傾向としては少しずつ広くなってます。
流行の最先端を追わずに中庸なスーツ、クラシックなスーツが欲しいと思う方もぜひご一読ください。

この記事のポイント

スーツの襟(ラペル)って地味に重要

 

 

襟(ラペル)の種類について

襟(ラペル)には大きく分けて2種類あります。

ノッチドラペルとピークドラペルです。

街中でよく目にするのはノッチドラペルです。

ノッチドラペルのスーツ

ノッチドラペルは普通の襟の形です。

 

ピークドラペルのスーツ

対してピークドラペルはTVやパーティなど華やかな場面で目にする機会がありますが、あまり見ることはないと思います。

どっちが良いのかというとノッチドラペルが万能で使い勝手が良いです。

ピークドラペルはビジネスなどでは一般的ではないため着ることはオススメではありません。

仕事で着るのならノッチドラペルがベストな選択です。

 

ピークドラペルはフォーマルシーンかオシャレで着るべきという風習

なぜ仕事でピークドラペルは不向きなのか?

ピークドラペルがどういう理由から仕事には不向きなのかはわかりません。

なぜダメなのかを裏付ける資料を見たことがありませんが、一般的にピークドラペルのジャケットを仕事で着るのは避けられています。

個人的な見解としては、ピークドラペルはフォーマルウェアであるモーニングコート、イブニングコート(燕尾服)のラペルを彷彿とさせるからではないかと思います。

モーニングとは日本では内閣発足時に全員が着ている服です。イブニング(燕尾服)とはノーベル賞で着ることで有名です。

仕事もフォーマルいえばフォーマルですが、結婚式やパーティなど華やかなシーンではありません。

ピークドラペルはノッチドラペルと比べて主張が強く華やかな印象があることからビジネスでの着用は避けられたのではないかと思います。

ダブルもピークドラペルじゃないかと思いますが、あれのルーツは海軍の服で当時からピークドラペルだったので、ダブルが市民権を得たときもダブルといえばピークドラペルだとなったのではと思います。

参考:モーニングコート

出典:THE RAKE

参考:イブニングコート(燕尾服、テイルコートともいう)

出典:Ede & Ravenscroftc

モーニングコートは日本の内閣が組閣したときなど見たことは多いと思いますが、イブニングコートについてはお目にかかる機会はあまりないです。

社交ダンスの大会ではイブニングコートが必須なようです。

確かにイブニングコートですが、大会のためのユニフォームの意味合いが強いような気がしますが...

 

スーツとフォーマルウェアの違い

余談ですがスーツのルーツはラウンジジャケット、スモーキングジャケットとされています。

これらの服が生まれた当時のイギリス貴族たちが朝はモーニングコート、夜はイブニングコート(燕尾服)を着て過ごしていました。

特にフォーマルな場ではモーニング、イブニングは必須でした。

しかしこの服はめちゃくちゃ窮屈だったらしく着慣れていても辛かったそうです。

そこで男だけが寛げる場所であったラウンジでは窮屈な服を脱いでイブニングコートなどの簡略化されたジャケットに着替えてタバコを吸ったり、お酒を飲んだり他の男性と談笑をしていました。

この時に着ていた簡略化されジャケットがラウンジジャケット、スモーキングジャケットとされています。

その簡略化されたジャケットは次第にセミフォーマルの地位を築きタキシードとなります。そこから徐々に一般市民に広がり現在のスーツの形で市民権が与えられたとされています。※軍服がスーツの起源とする説もあります。

ですからフォーマルを少しずつ崩した先にスーツがあるので、普段着ているスーツが本来のフォーマルにはなり得ないんですね。

こういった歴史については以下の書籍で詳しく解説されていますので、ご興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

 

襟(ラペル)はあなたの印象を左右する

襟(ラペル)の幅が与える印象

スーツを着るほぼすべての人のジャケットのラペルはノッチドラペルです。

とても細かい話になりますがこのラペルは広かったり狭かったりと幅によって印象が違います。

一般的に

・幅が狭い(ナローラペル)は8.0cm未満とされていますー知的、スマートな印象を与えるとされています。
・幅が広い(ワイドラペル)は9.0cm以上とされていますー男らしい、貫禄があるという印象を与えます

上記2点の中間である8.0cm~8.9cmくらいまでが可もなく不可もなくとされていて最も一般的なラペル幅とされています。

そんなラペルの幅がせいぜい1cmで印象が変わるは思えないという方は多いと思いますが、結構違いますよ。

以下の写真をご覧ください

 

ナローラペルのジャケット

ナローラペル

ラペル幅8.5cmのジャケット

私のジャケットのラペル幅は8.5cmと中庸です。

 

ナローラペルのジャケットと中庸なラペル幅のジャケットを見比べても違いがよくわかると思います。

ナローはやっぱり短いなと…

好みや流行、ブランドのスタイルによって様々ですので、どちらが良いという訳ではありません。

ただし、ラペルの幅が狭ければシャツの襟の長さを短くし第一ボタンを留める前台襟の高さも低いものを選んだり、ネクタイの幅も短いものに変えたほうが統一感がありますのでナローラペルの写真のシャツとネクタイは少し調整したほうがきれいになると思います。

ココがポイント

ラペルの幅、シャツの前台襟の高さ、剣襟の長さ、ネクタイの細さなどは統一させる

 

下の写真は特に問題はないのかな?と思います。なんせ私が上記のバランスを考えて正解だと思うコーエィネイトをしていますので...異論はない...ですよね...?

私が着用しているスーツを仕立てた際のレビューを下記にてご紹介していますので、よろしければご参考下さい。

エスコリアルスーツ完成~Escorial suits~

石田洋服店で仕立てたスーツのレビューです。   今年仕立てる予定の服は「キャメルジャケット」のみの予定でした... しかし、まさか私に「王家の服地」と呼ばれるマニア垂涎の生地が格安で手に入る ...

続きを見る

 

襟(ラペル)幅には流行があります。

細身のスーツや太いソフトスーツが流行したように各ブランドが理想のスタイルを作り上げています。

2021年現在のスーツの流行は少しゆったりとしたスタイルになりつつありますのでラペル幅もワイドなものもみられるようになりました。

10年くらい前はとにかく細いスーツが流行しました。その時のラペル幅は細いもので5cmとかなり攻めたものも多くありましたが、その反動で最近ではラペル幅は9cmよりも広いものも見られるようになりました。

スタイリッシュからリラックスになっているような気がします。

コロナウィルスの影響からか世界的にも外出が難しい状況となっています。ファッションもこういった世情を反映し屋内でリラックスした装いがトレンドです。

カジュアルではビッグシルエットがまだまだ勢いがありますし、スーツなどでは、ジャケットを物理的に軽くするため肩パッドをなくして裏地をなくしたカーディガンのような着心地のモノも登場しスラックスはスウェットのようにリブで紐が付いているものも多くあります。

ラペル幅が広いと威厳があるように見えますが、同時にリラックスした見た目にもなります。

tomford_21ss

TOMFORD 2021SS

出典:FASHION PRESS

上の写真のようなスタイルが本当に多いです。

こちらの写真はトムフォードのコレクションでカジュアルであるため流行の最先端ですが、おそらくスーツについてもこういった雰囲気のスーツも増えていると思います。

トップブランドではこういった流れがありますが、まだ私たちが普段着るようなスーツスタイルには降りてきていません。

ある日突然ソフトスーツのような太いスタイルが流行するという極端なことはないと思いますがラペルは太くなりますので今後は細身のスーツなどはダサい、おっさんの着るスーツと揶揄される時代は近いと思います。

 

おわりに

今回はラペルについて考察してみました。

既製品ではラペル幅は決まっているのでお直しはできません。

スーツにも流行は存在し、肩幅や着丈、ラペルの幅やゴージの高さ、パンツのタックや全体のゆとり感、裾幅など多くの要素が絡んでいます。

一概にラペル幅だけ太くすればいいやというものではなく、バランスが存在します。

ゆったりとしたシルエットのジャケットにピチピチで尻の形が浮かび上がるほど細いスラックスを合わせるのは、どうでしょう?めっちゃダサいですよね...

極端な例ですが、スーツは頭の先から靴の先まで全体のバランスがとても重要なんです。

そのバランスを考えるのが嫌だと思うのであれば、ブランドの既製品が一番手っ取り早いですし、ラペル幅や着丈、服のサイズ感に拘りたいと思うのであればオーダーがオススメです。

ラペル幅たゴージの高さ、全体のゆとり感、着心地を追求したいという猛者は私がいつもお世話になっている石田洋服店のようにフルオーダーの仕立て屋さんに相談することをオススメします。

 

関連記事

以下は過去にご紹介した記事になりますが、スーツスタイルの基本をご紹介しています。

スーツの見栄えに革靴は重要ですが革靴だけが完璧では全く意味がありません。

総合評価でスーツの見栄えは決まります。

スーツ姿が1段上の人に見られるためのヒントを数多くご紹介していますので同時にお楽しみいただけましたら幸いです。

 

シャツの基本

 

石田洋服店で仕立てたスーツ類レビュー

あまり多くはありませんがこれまで石田洋服店で仕立てた際のレビューを掲載します。

気になる方はご参照ください。

エスコリアルスーツ完成~Escorial suits~

石田洋服店で仕立てたスーツのレビューです。   今年仕立てる予定の服は「キャメルジャケット」のみの予定でした... しかし、まさか私に「王家の服地」と呼ばれるマニア垂涎の生地が格安で手に入る ...

続きを見る

ベビーキャメルのフルオーダージャケットが完成 石田洋服店

今年の夏ころに注文をしていたPiacenza社が扱うベビーキャメル地のジャケットとベストが完成しました。 以前にも仮縫いと2回目の仮縫いの中縫いについてレビューをしています。 オーダーに興味があるとい ...

続きを見る

石田洋服店 ハンドメードのキャメルジャケットの中縫いについて

日本には多くのオーダースーツ専門店が存在します。 それなのにオーダーの価格は2~3万円台という低価格のお店から30万円を超す高級なお店も存在します。 私の個人的な考えでは15万円くらいまでで仕立てるこ ...

続きを見る

石田洋服店でキャメルジャケットのハンドメードを依頼(2着目)

これは6月の末の話になりますが... 石田洋服店で2着目となるジャケットを依頼しました。 石田洋服店は六甲アイランドにある神戸ファッションマート内にあります。   六甲アイランドという神戸に ...

続きを見る

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

orin

大阪市内で働いているサラリーマンです。 スーツに関する情報を発信しています。 以前に高級フルオーダーの営業として働いた経験があります。 今もスーツが好きで日々知識を増やしオシャレにも挑戦しています。 ビジネスとしてのスーツとオシャレとしてのスーツの違いやポイントについて解説しています。

よく読まれる記事

-スーツ, ファッション
-, , , ,